【2796】ファーマライズホールディングス 下方修正に関するお知らせ
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120130408013686.pdf

本日は前日比 +4,100 (+5.20%)と快調な株価上昇を見せていたので、何か材料でも出たのかな?とおもっていましたが、予想外に下方修正が出ましたね。大量M&Aによる店舗増でも営業利益は前期比マイナスですか。

最近風邪で薬局に行っても「ジェネリックにしますか」と必ず聞かれますが(私自身はジェネリックの品質に疑いを持っている)、いくら調剤点数によるインセンティブがあっても利幅が薄いと話を聞いたことがあります。また、人づてですが、クオールの中の方からは薬剤師獲得のための経費が高騰が本当に厳しいと。どこも出店ラッシュですから、ここ数年は労務費の上昇はしかたなしでしょうね。

14年5月期はのれんをこなしてどれだけの営業利益がプラスになるのか。薬価差益も見込めることですし、楽しみなところではあります。不安要因としては、やはり消費税。これは上がるのが間違いなく、卸の負担になるのか、薬局の負担になるのかですね。


【修正の理由】
連結売上高は33,200百万円(前回予想比+0.3%)に修正いたします。新世薬品株式会社や株式会社寿製作所等のM&Aにより取得した連結子会社が予想以上に売上高に寄与することで、僅かですが前回予想を上回る見込であります。

利益面では、営業利益1,540百万円(前回予想比△14.0%)、経常利益1,320百万円(前回予想比△18.0%)、当期純利益860百万円(前回予想比△16.5%)に修正いたします。主な要因は、第3四半期以降も既存店売上高が計画を下回る水準で推移する中で医薬品原価や労務費の圧縮が計画通りに進捗していないことと、中期的視点からグループ薬局の安定した運営体制構築と将来の競争力の源泉確保に向けた投資をさらに積極化したことであります。

具体的には、強固な内部管理体制を構築するための人員や情報システム等において当初計画以上のコストを見込むためであります。

なお、当社は平成24年7月13日付公表の「中期経営計画12-14~質と量のバランス良い両立を目指して」において、3年後に目指す経営数値(2015年5月期:連結ベース)を売上高400億円以上、経常利益22億円以上としておりますが、この度の業績予想の修正により当該中期経営計画の目標数値を変更するものではありません。
[PR]
by coldplay777 | 2013-04-12 17:21 | ファーマライズ

Whether it's good or bad, experience is experience.(いい悪いはさておき、どんな経験も経験さ)
by coldplay777
プロフィールを見る
画像一覧
ブログジャンル
経営・ビジネス
金融・マネー
画像一覧