<   2015年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
【7508】G-7ホールディングス 新規事業でスイーツ専門店を展開へ
「オートバックス」「業務スーパー」のフランチャイジーとして国内で最大店舗数を展開。その卓越した経営ノウハウを武器に国内で成長を続けてきたG-7ホールディングスが新規にスイーツ専門店を展開する。

今後、神戸・大阪を中心にシュークリームやチーズタルトなどの話題性の高い洋菓子専門店の事業を展開していく予定だ。

現在は神戸市内に1店目をオープンさせるため店舗を選定中とのこと。


フランチャイズ展開だと思うが、ビアードパパか焼きたてチーズタルト専門店PABLOあたりか?
(失礼だが将来の特損候補?)
[PR]
by coldplay777 | 2015-03-16 15:00 | G-7
【7605】フジ・コーポレーション 四季報雑感
「8月稼働の新倉庫はタイヤとホイールの自動組み込み装置を導入し省人化だが、要員50人採用計画。」というコメントについて。

冬場が繁忙期で残業は12時を超える事もあるということなので、人員増はいたしかたないところでしょう。
また、来期も3店舗以上出店していただくには、必要な採用人数かと思う。
前号に掲載されていた冬季繁忙期のみ派遣社員を受け入れというのも正社員の負担を減らし、正社員の定着化につながると期待しています(平均勤続年数が5年未満なため)。

社員へのリターンが少ないのが現状らしく、基本給→安い、昇給→微々たるもので、ボーナスは一応出ますが気持ち程度の金額らしいので、ここらへんは、株主として継続していただきたい。
[PR]
by coldplay777 | 2015-03-13 23:59
規制改革会議が公開討論 「病院内薬局も認めるべき」
日本経済新聞2015/3/12 20:04
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS12H4D_S5A310C1EE8000/

病院内の薬局を認めろと医師会の巻き返し。
薬価差益は狙えなくなりますが、地代で稼ごうっていう腹ですね、わかります。

一方、門前の薬局は消えてなくなるでしょうね。
同じサービス受けるんだったら、院内のほうが便利に決まってる。
薬局セクターの大激変がはじまろうとしているのかもしれない。


政府の規制改革会議は12日の公開ディスカッションで、病院と薬局とを分業する規制の一部緩和について議論した。診療報酬を目当てに病院が患者に多くの薬を処方するのを防ぐため、厚生労働省は医薬分業を推し進めている。その一環で薬局を病院の外に置く規制があるが、会議では受け取りが不便なため「病院内の薬局も認めるべきだ」との意見が出た。

 公開ディスカッションには厚労省のほか、日本医師会や日本薬剤師会の代表などが参加し、規制改革会議の委員と議論した。医薬分業については、患者の薬の飲み方の管理や医療費の抑制などの効果が乏しく、患者がメリットを感じていないとの指摘も相次いだ。厚労省も「医薬分業は道半ばで課題が多い」と応じた。
[PR]
by coldplay777 | 2015-03-12 20:26 | 薬局セクター
【7605】フジ・コーポレーション 第1四半期を発表
平成27年3月6日にフジコーポが1Q(11月~1月)を発表。

事前の月次どおり、
売上高 10,103前年比9.8%増
経常利益1,48810.5%増
四半期純利益939 16.0%増
順調な増加となりました。


トピックスは2点。

1点目は、平成26年10月に出荷効率を向上させるタイヤ・ホイールの自動組込装置を導入したことにより、繁忙期の出荷業務が改善されたこと、また、11月に岡崎店(愛知県岡崎市)を開店させたこと等で、売上が順調に推移。

2点目は、本部売上高(通販)が2,560百万円と順調に推移。前年同期比16.8%増となった。全体の売上の中で本部売上(通販) の割合が25.3%まで成長している。

3月の小山、4月と新店を出店する予定であり、売上は順調に推移しそう。
また、通販は店舗よりも利益率がよいので売上高が順調に増加しているのは朗報というところ。

2月の月次はよくありませんでしたが、増税前の駆け込み需要と考えると健闘したほうかと思います。
3月も月次は厳しい見込みですが、10月の決算では会社予想を上回る見込みです。
[PR]
by coldplay777 | 2015-03-07 12:03
【7508】2015年4月 G-7モール上津台 ヤマダ電機など出店
G-7ホールディングスは、(仮称)G-7モール上津台を新設する。すでに大規模小売店舗立地法に基づき、神戸市に新設計画を届け出ており、2015年4月の開業に向けて整備を進める計画。ヤマダ電機など7店舗が出店予定。328台分の駐車場と103台分の駐輪場を備える。ヤマダ電機以外の7店舗は未定。営業時間は午前9時から午後10時まで。


【施設名】(仮称)G-7モール上津台
【オープン予定】2015年4月
【計画地】兵庫県神戸市
【開発者】ヤマダ電機
【面積】7,097平方メートル
[PR]
by coldplay777 | 2015-03-05 23:41 | G-7
2015年3月  ポートフォリオ
調剤薬局セクターは上位=勝ち組、下位=負け組というのがはっきりしてきました。
しっかりとした戦略を持っている上位組と、それなりの経営しかしてこなかった下位組とでは株価の勢いが違います。アインは今更の優待新設ですが、1部上場基準抵触のため苦肉の策ですねと。

しかし、アインとクオールの営業利益の差はすごい。
ほぼ3倍の差がついています。
これが将来どうなるのか、楽しみなところです。


さて、2015年3月現在のポートフォリオですが、調剤セクターからは離れています。
なんか、割高な気がしてならないし、門前薬局という利益の源泉であったものが、来年度から通用しなくなるかもしれない。もはや医薬分離は国策ではなくなった感があります。医師会からの巻き返しなのか?
まぁ、それはさておきです。

7508 GセブンHD
7605 フジコーポ
1671 WTI原油ETF
3154 メディアスHD
7551 ウェッズ
3376 オンリー
1324 RTS連動型投信

相変わらずGセブンにこだわっている理由は、思いつくほど競合他者がいないということ。

私も車持っていますが、車関連の総合小売って、オートバックスかイエローハットぐらいしかない。
小さいところはどんどんつぶれていっています。いわゆる残存者利益の状態。
タイヤ館かとかフジコーポもあるけど、一般人はタイヤに不具合がなければ行かない。

身近な存在であるガソリンスタンドは論外。
バッテリーも悪くないのに、交換時期ですよとか色々と吹っかけてくる(そうしないと食っていけないのだろう)。
個人的にはガソリンを入れる以外には近づきたくない存在でそう思っている人は多い。
あと細かいものはホームセンターとの競合くらいか?

オートバックス部門は、1店舗あたりの売上約3.6億円、1店舗あたりの営業利益 約18百万円。
業務スーパー部門は、1店舗当たりの売上約4.6億円 1店舗あたりの営業利益 約13百万円。

来期は各々10店舗ずつ出店ということなので、だいたいの売上高、営業利益の増加が見えています。
出せば売れる、出せばもうかるというわかりやすい計算ができるところが重要かと。

来期売上高1000億円、営業利益40億円が達成されるかはともかく、1株当たりの利益は150円をたたき出してくれるのではないかと思っています。
配当性向を30%とすると45円配。40周年記念配もありうるかもしれません。
そして、説明会で見せたあの社長の自身に満ちた顔。
「顔でわかってくださいよ」と言わんばかりの雰囲気でした。
こういうのは非常に重要です。


フジコーポについても同様で、出せば売れる、出せば儲かる状態。
PBRが高めですが、この状態が引き続きであれば、のんびり優待をもらいながら、持っておく方針です。
[PR]
by coldplay777 | 2015-03-04 20:44 | ポートフォリオ
【3170】アイセイ薬局 監査法人を清新監査法人へ変更
公認会計士等の異動及び一時会計監査人の選任に関するお知らせ
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120150303402626.pdf

新日本はついに投げちゃいましたか。
アイセイ薬局との意見の食い違いですね。
(ブラックではないけれどグレーな会計処理でもしてんでしょうね...。)

新たに監査法人になる清新監査法人ですが、
http://www.certifiedpublicaccountant.biz/auditfirm/AAAONOEF42LLBZ43UPTJ7O7GWOK6JOV2.html

ブラックなところを監査しているわけではないですが、小さな会社ばかりですね。
こういうところぐらいしか、大手が蹴ったところは拾ってもらえないかもしれません。
ますます、アイセイ薬局の会社経営が不透明になります!というお知らせでした。
[PR]
by coldplay777 | 2015-03-03 20:08 | アイセイ薬局
アイセイ薬局 岡村が取締役で居残る理由
アイセイ薬局/不適切な会計処理で、創業者の岡村社長が辞任
http://ryutsuu.biz/strategy/h021217.html

アイセイ薬局は2月12日、代表取締役社長で創業者の岡村幸彦氏からの代表取締役の辞任の申し出を受理したと発表した。
同日付で、藤井江美代表取締役副社長が社長に就任した。
岡村氏は、創業者として事業内容に精通しており、企業価値を維持させる上で必要な存在であるため、引き続き取締役としての職務を継続するという。


前回の内紛劇で、有能な経営幹部が去ってしまっため、本来追い出すべき岡村を追い出せなくなったというところが本音であろう。それを見越して、副社長に薬剤師出身の藤井氏を持ってきたのだともいえる。
藤井代表取締役副社長の経歴見て、どう考えても今後のアイセイ薬局を引っ張っていく経営はできそうにないなと考えるのは私だけではないだろう。
田中角栄辞任後に、クリーン三木武雄が出てきたように、金満政治への批判を避ける一時しのぎにすぎないと見る。

岡村幸彦48万株(21.0)+(株)おかむら28万株(12.4)で3割以上の議決権を押さえているかぎり、資本と経営の分離は難しいと思える。これからもフィクサーとして牛耳っていく、それが岡村氏の考えなのだろう。

これだけの売上規模があるので、トータルメディカルサービスのように、買収されれば面白いのだが、難しいように思える。
[PR]
by coldplay777 | 2015-03-01 23:36
  

Whether it's good or bad, experience is experience.(いい悪いはさておき、どんな経験も経験さ)
by coldplay777
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
SRA
G-7
ポートフォリオ
投資メモ
神戸物産
クオール
アイセイ薬局
ファーマライズ
薬局セクター
はじめに
ヒトコム
投資方針
主な売買
金融市場情勢
ブログジャンル
経営・ビジネス
金融・マネー
画像一覧