<   2013年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
【3034】クオール 平成25年3月期 第3四半期決算短信
http://navigator.eir-parts.net/EIRNavi/DocumentNavigator/ENavigatorBody.aspx?cat=tdnet&sid=1032077&code=3034&ln=ja&disp=simple

昨日のTOPIXリバランスによる出来高上昇はすごかったですね。

43万株くらいですか?30日にTOPIXによる買いはあるのはわかってたんで、このタイミングで指値売りしかけてたんですが、見事に刺さりました。思っていたより高値もあったみたいで、安値付近で刺さってしまって残念ではありましたが、いい利益確定場面となりました。

それでは決算の確認です。


クオール 25年3月期第3四半期
売上高 55,134(前期比12.9%)
経常利益 1,736(前期比△25.7%)
四半期純利益 640(前期比△41.4%)

えらく四半期純利益が減少しているのが見て取れますが、大きく減損でもしているんでしょうか。

それはさておき、決算補足資料を見ると売上高の増加の割に、売上総利益が全然増加していないこと。
また、販売費及び一般管理費が著しく伸びている(前期比20%増!)ことが、いつ再下方修正してもおかしくない決算短信になった理由でしょう。

販売費及び一般管理費の増加要因としては、

①出店計画未達による人員のだぶつき(適正化が図れていない)
②㈱福聚、㈱イムノファーマシー大阪、テイオーファーマシー㈱の店舗名称を「クオール薬局」に統一
③クオールブランドの確立と強化のためブランディング費用

などが理由として挙げられますが、大部分は①が原因でしょう。


今期は業績が悪いことを前提として来期のことを考えたいと思います。今期200名程度の薬剤師採用でも余しているのに、来期は300名の薬剤師を適正配置できるほどの出店ができるかということです。

薬局の規模にもよりますが、平均して薬局の適正人員を4名と考えると、今期はざっと純増で50店舗出店しなくてはならなかった。それすら未達の状況であるのに、来期はM&Aを除いて75店舗も出店しなくてはならない。最大手のアインファーマシーでも70店舗前後ですから、約半分の企業規模であるクオールはかなり無理をしなくては。来期も売上はともかく、経常利益的には踊り場ということになりかねませんが、将来的な成長を考えるとまだまだ伸びしろはあります。

株式相場が活況じゃなくなったころに、下値で再度買い戻していきたいと思います。
[PR]
by coldplay777 | 2013-01-31 22:16 | クオール
【3170】アイセイ薬局 大幅下方修正の理由
業績予想の修正に関するお知らせ
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1029720

【アイセイ薬局が値下がり率上位、3月通期の利益予想を下方修正】
調剤薬局運営のアイセイ薬局<3170.OS> が急落。一時252円安の2068円まで売られ、ジャスダック市場の値下がり率上位に入っている。前週末25日、13年3月期通期の連結利益予想を下方修正し、嫌気された。

3月通期予想で、売上高を420億7000万円から424億5800万円(前年同期比12.1%増)に引き上げたが、営業利益を20億円から14億8300万円(同22.0%減)、純利益を8億4000万円から4億1400万円(同47.6%減)に減額した。売上高は、新規出店や店舗譲り受けなどにより増加し、当初予想を達成する。ただ、利益面では、薬剤師不足による薬剤師人件費コストの増加、新店開発の遅れ、減損損失の計上などが重しとなり、当初予想を下回る見込み。

同時に、12年11月21日付で仁田工務店(岩手県一関市)から、同12月6日付で東京不動産販売(東京都中央区)から、それぞれ損害賠償請求が提起されたと発表。法廷で適切に対応するとしている。



適時開示を見る限り「ふーん」という感じですが、11月の開示では「順調に推移しております」としながら、3か月後には大幅な下方修正とは不誠実ですね。
訴訟の件もなんだかなぁという印象です(よほどのない限り普通はこの手のことで訴訟になりませんよ?)。

正直今回の件で、アイセイ薬局に失望しつつも、売りはしない(売らない理由は後述)。



また、サラッと書いてありますが、株式会社おかむら(岡村会長の資産管理会社)が土地および建物に関する不動産契約をしたそうで。なぜアイセイ薬局が直接買わず会長の資産管理会社が出てくるんでしょうね。

これは、以前日本マクドナルドを牛耳っていた藤田田氏のファミリー企業である食材輸入会社「デン・フジタ」と同じことでありましょう。大した仕事もせず右から左へ商品を流すだけで「手数料」を上乗せた給与水増しであろうと思われる。断っておくが、これ自体は東証1部上場企業でもよくある話で、不正でも何でもない。給与を高く取りすぎていると思われたくない「ミエ」と税金対策ということでしょう。

まぁ、これもオーナー企業の良し悪しの点で、欲があるからこそここまで大きくできたというところかもしれません(サラリーマン社長とは違しますし、利益が出る会社に育てていっているのであれば、非難すべきものではない)。

しかし、今回の営業利益減額幅は、通常理解できる範囲として、なぜ今期に減損まで計上し、減益幅を拡大させたのか。訴訟提起に関わる引当金計上が理由ではない(つまり、引当金は計上していないということは、軽微かどうかわからないが将来影響あり?)。


では、なぜ今の時期にか?


それは、来季に減損を計上しては取締役及び執行役員が困る。
来季は会社計画通りの利益が上がっていないといけないのである。


そう、ストックオプションがもらえなくなるのだ。


*参照 株式報酬型ストック・オプションの発行内容確定に関するお知らせ
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1000691


このストックオプションには条件があり、必ず達成しなくてはいけない条件がある。

*参照 株式報酬型ストック・オプションの発行に関するお知らせ
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1000691

【以下抜粋】
新株予約権者は、以下の条件が満たされた場合に限り、上記5.の期間内において、新株予約権を行使することができる。

「当社の平成26年3月期の事業年度の連結経常利益の金額が、21億40百万円以上であること。」

「新株予約権者は、平成26年3月31日に至るまで当社の取締役または執行役員の地位にあることを要する。」



岡村氏は社長を辞任しても取締役として取締役会に留まっているのはそういう理由からでしょう(ストックオプションだけでもウン千万円です。わかりやすい会社だw)。


ストックオプションの絡みから来季は、四季報予想の

連14. 3予 売上49,500 経常利益2,300 EPS473.1

あたりの数字近くまでは叩き出す可能性が非常に高く、株価も(^▽^)v ブイ!字回復が見込まれすよということです。


それがわかっていて、手放す必要はどこにもありません。
(安く買い戻したいのならば別だが)
[PR]
by coldplay777 | 2013-01-28 22:24 | アイセイ薬局
【2796】ファーマライズホールディングス 平成25年5月期 第2四半期決算短信
ファーマライズホールディングス 平成25年5月期 第2四半期決算短信
http://contents.xj-storage.jp/contents/27960/T/PDF-GENERAL/140120130109060475.pdf

当第2四半期連結累計期間における業績は、売上高は14,995百万円(前年同期比5.3%増)、営業利益は639百万円(同21.9%減)、経常利益は506百万円(同30.5%減)、四半期純利益は643百万円(同63.6%増)となりました。前第2四半期連結会計期間末に子会社化した株式会社テラ・ヘルスプロモーションと、今期6店舗の新規出店効果により前年同期比増収は確保できたものの、営業利益、経常利益は減益となりました。これは、既存店売上高が低調に推移している事に加えて固定費が増加した事が要因であります。
既存店売上高の不調は、平成24年4月の薬価改定や後発医薬品の取り扱い増加に伴う処方せん単価の伸び悩みや、かかりつけ医の普及や面薬局の増加に伴う処方せん枚数の減少に起因するものと考えています。


13年5月通期業績予想は、売上高331億円(前期比11.8%増)、営業利益17億9000万円(同8.0%増)、を据え置いているが、新世薬品株式会社の完全子会社化による特別利益により、純利益は10億3000万円(同50.2%増)増加。中間期実績に対する進ちょく率は、営業利益で35.7%、純利益で62.4%となっています。営業利益面では2ケタの営業減益。6年生薬剤師の採用を再開したことで人件費も大きな原因の一つでしょう。

ただし、ここは新卒採用にそれほど力を入れておらず、M&Aによる店舗増加を中心に戦略を描いているようです。

2014年度新卒薬剤師採用予定数(マイナビから)
ファーマライズホールディングス 50名
アイセイ薬局 150名
クオール 300名+SV25名
(アイセイ薬局の規模で150名も採用するとは意外ですが、それだけ自力出店する力がある会社であるとも言えます。)

来年度採用予定者数も同程度でしょうから、50名ではせいぜい自力出店は10店舗程度でしょうから中期経営計画を達成するには、プラスアルファの10店舗~20店舗は来年度もM&Aに頼ることにになります。

今季におけるM&Aによる30店舗以上の増加により来季の売上、利益はかなり楽しみですが、M&Aの負の側面も目立ってくるようになりました。


平成24年5月31日現在
のれん残高27億円
のれん償却額2億5千万円(2011年度実績)

平成24年11月30日現在
のれん残高64億円


ただ、調剤薬局のM&Aは、すでに薬局が開局していて固定客がついており、ほぼ見込み通りの売上、利益が上げられることから、他業種(不動産、ハイテク)と違い減損ということはほぼないと言えます。その点は安心でき、またその点こそが、調剤薬局セクターに投資することの安パイであることは間違いありません(リーマンショックによる不動産流動化で失敗したダヴィンチやらアトリウムなんかは衝撃的でしたしね...)。


「中期経営計画12-14 ~質と量のバランスの良い両立を目指して」では、最終年度の2015 年5 月期に連結ベースで売上高400 億円以上(年間伸び率10%以上)、経常利益22 億円以上(売上対比率5.5%以上)を目標にしていますが、

連13. 5予売上331億円 経常利益16億円 EPS13732円
連14. 5予売上373億円 経常利益20億円 EPS13000円
連15. 5予売上400億円 経常利益22億円 EPS14000円

くらいの売上、経常利益、EPSが最低ラインとなってきそうです(特に薬価改定がない14年5月期は上振れ余地が大きそうな気がします)。
[PR]
by coldplay777 | 2013-01-20 15:50 | ファーマライズ
【3170】アイセイ薬局 中期経営計画の進捗状況を確認
平成27年3月期(2014年度)を目標に

売上高600億円
経常利益30億円

の成長を中期経営計画に挙げているアイセイ薬局。
ここまでの進捗状況を確認するためのメモ。

【M&A新規出店】
2012年4月すみれ薬局8店舗をM&A
2013年1月エヌ・テイー・ケー・インターナショナル(株)から医薬品事業部を15店舗M&A
新規出店9店舗
他事業承継等5店舗
(ただし、期中に店舗譲渡もあり)

【四季報予想】
連13. 3予 売上42,500 経常利益1,820 EPS385.5
連14. 3予 売上49,500 経常利益2,300 EPS473.1

アイセイ薬局のポテンシャルから言って、中期経営計画を達成するのは十分に可能。
よって四季報予想は、かなり保守的だとみており、実際には下のような推移になっていくのではないかと思います。

【自分予想】
連13. 3予 売上42,500 経常利益1,950 EPS400
連14. 3予 売上51,000 経常利益2,500 EPS510
連15. 3予 売上60,000 経常利益3,000 EPS600
15年5月頃 売上1000億 経常利益5,500 EPS1,000の中期経営計画発表

14年3月期は薬価改定がないため、今年、再来年よりも売上、利益が出しやすく、特に四季報予想より上振れるでしょう。消費税については、完全ではないものの薬価改定等で考慮されるため、それほど気にしていません。むしろ、零細薬局が苦しくなればなるほど、事業承継の話が舞い込んでくると思うので、そこを期待したい。

また、日本インタビュ新聞社の取材では、
 
13年3月期の連結業績見通しについては、インフルエンザや花粉症などの処方箋の下半期偏重、医療制度改正の影響などに加えて、経営基盤強化に向けた新規出店、新卒薬剤師の大量採用と教育研修、業務効率化、内部体制強化などの先行投資に伴う費用増加が見込まれることもあり、岡村幸彦社長は「新規の事業承継やM&Aを含まず保守的な予想」としている。ただし複数のM&A案件が検討されている模様で「新規のM&Aによって上振れの可能性がある」としている。

としており、今年度はEPS400あたりまでと予想。

今期業績見通しの上振れ期待に加えて中期的な収益拡大も予想されるだけに、8月10日の2000円、11月15日の1,873を直近底として、9月24日の戻り高値2690円を奪取し、昨年4月の上場来高値2950円を更新する動きが、今年の3月から4月に必ず入るでしょう。
[PR]
by coldplay777 | 2013-01-15 17:26 | アイセイ薬局
【8283】Paltacを追加購入
e0275815_11333187.jpg


メディパルHD傘下の日用品、化粧品、市販医薬品卸。業界最大手。化粧品・日用品、一般用医薬品など、日常生活に欠かせない生活必需品を、全国のドラッグストアやホームセンターをはじめ、コンビニエンスストア、スーパーマーケットなどの小売業にお届けする中間流通業。いわゆる卸売と小売業の物流受託事業を展開しているのがPaltac。

業界最大手でこのPERは割安でしょう。1054円の株価で追加購入した。


【ここ3か月の状況】

⇒2Q好調。それを受けて株価1200円前後。
13年3月期第2四半期累計(4-9月)の経常利益(非連結)は前年同期比9.0%増の81.8億円に伸び、通期計画の148億円に対する進捗率は55.3%となり、前年同期の53.6%とほぼ同水準だった。
会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の経常利益は前年同期比1.7%増の66.1億円に伸びる見通しとなった。

⇒11月21日増資発表
公募増資の実施を発表しており、希薄化懸念や需給懸念が先行する格好になっているようだ。公募670万株、オーバーアロットメントによる売出100万株を実施する。「RDC中部」の設備投資資金に主に充当するもよう。発行する新株式は最大で、現在の発行済み株式数の13%に当たる。

増資発行前株式数:55851千株
増資後発行株式数:63533千株

⇒翌日下落率トップ

⇒その後も大きく下げる

⇒12月12日に924円をつけ底値。

⇒第一弾をここで購入(940円)。

⇒徐々に見直し買いが入る。

⇒野村のレポート(目標株価1400円)を受け、大幅高になる。
Paltacが小幅高、野村証は「Buy」継続、目標株価は1400円に引き上げ。
Paltac<8283.T>が小幅高。野村証券では8日付で、投資判断「Buy」(買い)を継続、目標株価は1333円から1400円に引き上げている。 同証券では業績予想をアップデートし、目標株価を1400円に引き上げている。足元の業績進ちょくは堅調であり、会社側が14年3月期までの中期計画で示した連結経常利益150億円の達成は可能とみているという。ベンチマークとする医薬品、日用品卸企業13社の12年3月期末基準平均PBR0.7倍に対し、同社PBRは0.5倍に過ぎず、13年3月期予想配当利回りが4.1%と同10社平均2.1%よりも高いことなどから割安感が強いとコメントしている。

⇒第二弾を購入(1054円)。


今後の物流投資による出荷能力の強化(売り上げ増)、コスト削減も非常に推進しており、中長期的に見てもおもしろい銘柄。これだけの物流機能の強化を図れば、新規物流受託による売上増も見込める。受託物流の数字はまだまだ小さいけれど成長率は高くなるのではないかと思う。。

【主な物流機能の強化】
平成24年12月には
東海エリアRDC稼働(出荷能力1000億円)

平成25年には
南東北エリアRDC新設(出荷能力350億円)

北陸エリアRDC新設(出荷能力350億円)



やはり問題は、株主に対する姿勢。

2010年に再上場後、株価は大幅に下がりまくり、当時は上場ゴールなんて言葉も言われていた。
そして、昨年ようやく株価が上向いてきたところを公募増資。有利負債も総資産に比べて少なく、5年の純利益で返済できる水準で増資なんて株主にとっては寝耳に水だった。

ただ、これでしばらくは増資もないだろうし、安心して今年は持ち続けることができるでしょう。
[PR]
by coldplay777 | 2013-01-12 11:37 | 投資メモ
【8283】Paltacが小幅高、野村証は「Buy」継続、目標株価は1400円に引き上げ
Paltacが小幅高、野村証は「Buy」継続、目標株価は1400円に引き上げ

 Paltac<8283.T>が小幅高。野村証券では8日付で、投資判断「Buy」(買い)を継続、目標株価は1333円から1400円に引き上げている。

 同証券では業績予想をアップデートし、目標株価を1400円に引き上げている。足元の業績進ちょくは堅調であり、会社側が14年3月期までの中期計画で示した連結経常利益150億円の達成は可能とみているという。ベンチマークとする医薬品、日用品卸企業13社の12年3月期末基準平均PBR0.7倍に対し、同社PBRは0.5倍に過ぎず、13年3月期予想配当利回りが4.1%と同10社平均2.1%よりも高いことなどから割安感が強いとコメントしている。

 同証券では連結営業利益について、13年3月期96億円(前期比8.8%増、従来103億円、会社側計画は93億円)、14年3月期106億円(従来113億円)、15年3月期114億円と試算。また、14年3月期を起点とする新中期計画は引き続き収益性向上を伴う安定成長を目指すと見られることから、その内容に注目とも指摘している。
[PR]
by coldplay777 | 2013-01-09 20:24 | 投資メモ
【2796】ファーマライズホールディングス 上方修正のお知らせ
ファーマライズホールディングス 業績予想の修正に関するお知らせ
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120130104057686.pdf

平成25年5月期の通期連結業績予想につきましては売上高33,100百万円(前回予想比+4.5%)、営業利益1,790百万円(前回予想比+0.3%)、経常利益1,610百万円(前回予想比+0.6%)を見込んでいます。
M&Aで取得した新世薬品株式会社(平成24年9月14日付公表「新世薬品株式会社の株式取得(完全子会社化)に関するお知らせ」ご参照)や株式会社寿製作所(平成24年9月28日付公表「株式会社寿製作所の株式取得(完全子会社化)に関するお知らせ」ご参照)等が第3四半期以降に連結売上高と利益に寄与することに加えて、利益率の高い後発医薬品や地域医療をさらに推進すること、店舗人員の効率化による固定費削減に努めること等により、通期では増収増益を確保する見通しであります。なお、当期純利益が1,030百万円(前回予想比+40.5%)と大幅に増加するのは、第2四半期に計上が見込まれる前出の特別利益の影響によるものであります。


「上方修正の割にはかなり保守的」

というのがこのIRを見て思った時の印象でした。

今期は大規模なM&Aをしているので、EPSは1万4千円から1万5千円の間くらいで再度上方修正があるのではないかとにらんでいます。
特に会社営業増益幅は過小すぎますね。
[PR]
by coldplay777 | 2013-01-07 21:53 | ファーマライズ
【3170】アイセイ薬局 西東京地区に新たに15店オープン
アイセイ薬局 西東京地区に新たに15店オープンしました。
http://www.aisei.co.jp/news/tabid/172/Default.aspx?itemid=118

2013年1月1日、
東京都・西東京地区に新たに15店がオープンしました。
アイセイ薬局(旧:フロム薬局) 
野上店・秋川店・野上8番店・福生店・晴見町店・西府町店
五日市店・河辺店・西分店・あきる野店・大門店・羽村羽加美店
羽村五ノ神店・福生加美平店・あきる野ルピア店

このたびの開局により4日開局の兵庫県雲雀丘店と合わせて全国248店舗となりました。

グループ社是として掲げる「奉仕のこころ」を胸に、
地域に密着したかかりつけ薬局を目指して、日々取り組んでまいります。

東京都で展開するアイセイ薬局グループの調剤薬局は52店舗となりました。
皆様により信頼いただける薬局になれるよう、誠心誠意努めて参ります。
何卒ご愛顧の程、よろしくお願いいたします。


朝一に出店に関するIRが出て驚きましたね。

航空宇宙関連装備品、飛翔体関連部品、特殊高機能製品並びにケミカル&フィル ター等の輸入・販売を行う輸入専門商社であるエヌ・テイー・ケー・インターナショナル(株)の医薬品事業部を事業継承。ノンコア部分のフロム薬局を売却して本業に専念といったところでしょうか。グーグルマップで店舗一覧からざっと見たところマンツーマン型の店舗が多そうです。新規での出店ではないので、売上、利益ともに即貢献してもらえる店舗群だと思います。1店舗あたり2億円程度の売上くらいと仮定すると通年では30億円増となりますか。

年初から数えると今年度は34店舗増加。四季報の「下期減速でM&A含め前期実績22並み」という予想をアウトパフォームしました。
あとは卸との価格交渉が済んでから決算の予想修正というところでしょう。
[PR]
by coldplay777 | 2013-01-04 11:15 | アイセイ薬局
流通改善第3ラウンド  卸の価格交渉、正念場は越年へ
 「流通改善第3ラウンド」に取り組む医薬品卸の価格交渉は年末を迎えても進展が緩やかで、妥結に向けた正念場は来年に持ち越されることになりそうだ。卸と納入先の間でいまだ希望価格の隔たりが大きいのが原因で、「最長6カ月」は今回もかけ声倒れに終わった。次年度とのつじつま合わせを条件に、卸に妥結を持ちかける大口納入先もあるとされるなど交渉も“巧妙化”しており、何としても利益水準を回復させたい卸にとって楽観できない状況が続いている。
[PR]
by coldplay777 | 2013-01-03 21:39 | 投資メモ
1月現在 ポートフォリオ
皆様明けましておめでとうございます。

財政の崖も 米上院が法案可決ということもあり、下院での評決が待たれるところですが、悪材料の解決には一応の目処がたったのではないでしょうか。また年初になればいつものごとくのブル相場が幕開けですね。昨年も、2003年再びと言われていましたが、結局5月以降は失速しました。7月の参院選で自民党は勝てるんでしょうか?証券税制見直しは?など注目すべきイベントは先にカレンダーに書き入れておきたいですね。

さて、いつものポートフォリオです。
UTHD 2146

ファーマライズ 2796

クオール 3034

TOKAI 3167

アイセイ薬局 3170

トラストパーク 3235

日本カーリット 4271

Paltac8283

Paltac8283は、公募増資で大きく下げたものの、本業は順調。来年度も最高益を更新予定と、
買っておいて損はないと判断。物流はどこも順調ですので極めて割安ということはありませんが、 大手でこのPERはお買い得です。

このところの円安で、超内需株の調剤薬局は完全にかやのそとですが、またそのうち日が当たることでしょう。

あとは2146UTHDをいつ売却するかの、タイミングですね。
トラストテックは上昇前に手放してしまったので、こちらはうまくいくように願いたいです。
[PR]
by COLDPLAY777 | 2013-01-02 00:07 | ポートフォリオ
  

Whether it's good or bad, experience is experience.(いい悪いはさておき、どんな経験も経験さ)
by coldplay777
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
SRA
G-7
ポートフォリオ
投資メモ
神戸物産
クオール
アイセイ薬局
ファーマライズ
薬局セクター
はじめに
ヒトコム
投資方針
主な売買
金融市場情勢
ブログジャンル
経営・ビジネス
金融・マネー
画像一覧