<   2012年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
【3170】アイセイ薬局 代表取締役社長交代へ
代表取締役の異動について
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120121226053871.pdf

本日付で代表取締役社長執行役員岡村幸彦より、健康上の問題を理由に代表取締役及び 社長執行役員辞任の申し出があったことによるものであります。なお、新任の代表取締役及び社長執行役員には、取締役専務執行役員の垣東勝が就任いたします。

取締役 専務執行役員の垣東 勝氏が社長に就任するそうです。
アイセイ薬局のメインバンクである三井住友銀行からの受け入れ社員坂東氏が社長になるということは、経営全般を見れる生え抜きが育っていないということでしょう(設立が2000年ですし、いたしかたないところかと思いますが)。岡村社長からの事業承継は手堅い銀行マンにまかせ、自分は取締役及び大株主として高所から指南するといったところでしょうか。

しかし、これはこれで楽しくなってきました。
設立者でアイセイ薬局に愛着のある岡村社長が交代することで、チェーン薬局上位の草刈り場となるかもしれません。有利とすればもちろんクオール。
もしくは住友商事あたりがバックにつけば異業種との連携が増えてさらに出店が加速するかもしれません。

いずれにしても来年からはアイセイ薬局が新たなステージに入ることになります。
[PR]
by coldplay777 | 2012-12-26 21:12 | アイセイ薬局
【3170】 アイセイ薬局 中期経営計画スタート 中間株主通信
平成25年3月期 中間株主通信
http://v4.eir-parts.net/DocumentTemp/20121215_093350623_aawrobmbsvvx4iaezgkf02fn_0.pdf

主なトピックス
●中期経営計画スタート
新規出店及び事業承継・M&A推進により中間連結売上高197億円(12.8%増)
新規出店9店舗+事業承継・M&A13店舗

●2001年5月期からの売上高成長率 年平均30%

●2013年3月期目標
 連結売上高    420億円
 連結経常利益  17.6億円
 連結経常利益率   4.2%
  EPS 385.5円

●2015年3月期目標
 連結売上高    600億円
 連結経常利益    30億円
 連結経常利益率   5.0%
 EPS 550円程度
 配当予想 83円

四季報新春号トピックス
●2013年3月期の新店は下期減速でM&A含め前期実績22並み。

●2014年3月期予想
 連結売上高    495億円
 連結経常利益    23億円
 連結経常利益率   4.6%
 EPS 470円程度
 配当予想 70円

東北、関東北、関東南、名古屋、甲信越、関西の6つの拠点に経済効果の高いドミナント出店,「医療モール」を展開を中心にこれからも出店を続けてほしいですね。
[PR]
by coldplay777 | 2012-12-15 09:59 | アイセイ薬局
【3034】クオール 東京証券取引所市場第一部指定承認に関するお知らせ
クオール 東京証券取引所市場第一部指定承認に関するお知らせ
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120121212048380.pdf

当社は、本日、株式会社東京証券取引所よりご承認をいただき、平成24年12月20日をもちまして、当社株式が東京証券取引所市場第二部より同市場第一部銘柄に指定されることになりましたので、ここにお知らせいたします。


まずは、おめでとうと言いたいところですが、なんと下方修正のおまけつき。
やはり、売上が伸びていないのが大きいですね。


主たる事業である保険薬局事業において、上期に計画しておりました新規出店が若干下期にずれ込んでおります。通期における新規出店計画は達成する見通しであり、既存店の業績も堅調に推移しておりますが、昨年度以降の新規出店店舗における売上増加のペースが当初想定を下回っていること等から、売上高、営業利益、経常利益及び当期純利益が前回公表予想を下回る見込みとなりました。
なお、配当予想につきましては変更ありません。


配当予想は変更しないということですが、3月くらいに記念配当があるのは間違いないでしょう。
ここでの配当予想にいての変更なしというのは減配はありませんよということです。
[PR]
by coldplay777 | 2012-12-13 21:10 | クオール
【2796】ファーマライズホールディングス 運営店舗数が203 店舗に
ファーマライズホールディングス 薬局の新規取得に関するお知らせ
http://contents.xj-storage.jp/contents/27960/T/PDF-GENERAL/140120121128042833.pdf

12 年5 月末のグループ調剤薬局は173店舗(直営171 店舗、フランチャイズ店2 店舗)でしたが、ついに現在203店舗になり、今年度の店舗数増加は30店舗となりました。あと4店舗増加すれば店舗数は約2割増加したということになります。

利益も2割増し...というのは難しくても、1割増しになれば株価も楽しみですね。
[PR]
by coldplay777 | 2012-12-09 14:51 | ファーマライズ
「残る薬剤師」「消える薬剤師」
毎回薬剤師特集ではおもしろいネタを提供してくれるZAITEN。
特に三津原氏が狙われているのが笑えます。

興味のある方は是非ご覧ください。

特集:
「生き残り」の必要条件とは何か
薬剤師・中小薬局“大淘汰時代”の本格到来
医薬ジャーナリスト 藤田道男
薬局・薬剤師が岐路に立っている。最大の課題は、超高齢社会において社会の要請に応えることができるか否か。現状踏襲型のビジネスモデルが通用しない時代に、新たな一歩を踏み出すことのできる薬局・薬剤師の“必要条件”とは何か。

ドラッグストア、卸、流通、商社も虎視眈々
大手調剤薬局「大再編」の号砲
依然として群小ひしめく調剤薬局業界。調剤医療費の拡大は確実視されているものの、業界環境は悪化材料に事欠かない。そのため、大手調剤薬局チェーンを軸にした再編は必至の情勢だ。ドラッグストア、医薬品卸、大手流通、総合商社を巻き込んだ合従連衡が水面下で進んでいる。

実質日本人トップ「役員報酬6億5100万円」
日本調剤“強欲”三津原社長と長男の微妙な関係
ジャーナリスト 田中幾太郎
後発薬バブルに沸く日本調剤の超ワンマン社長・三津原博氏。役員報酬は実質日本人トップとなったが、聞こえてくるのは周囲との軋轢ばかり。会社を飛び出した長男・庸介氏に帰還の気配はなく、唯我独尊ぶりに拍車がかかっている。

日本調剤・三津原社長“最大のライバル”
アインファーマシーズ大谷社長“矜持なき拡張主義”
ジャーナリスト 田中幾太郎
調剤薬局店舗数が500店を超えた業界最大手のアインファーマシーズ。M&Aを駆使し、好立地の店舗を次々に獲得。わずか13年でトップに躍り出たが、大谷喜一社長のビジネスライクな手法に薬剤師たちから不満の声が上がっている。

本業の医薬品卸は2期連続の営業赤字
MSのリストラで延命図るスズケンの断末魔
ジャーナリスト 田中幾太郎
医薬品卸3位のスズケンが無謀な価格競争で大敗。本業が2期連続で営業赤字に陥り、最前線で働く販売担当者(MS)の大量リストラに踏み切った。500名の募集に応募者は694名。かつての王者の面影はもはやどこにもない。

医薬分業で「薬局栄えて、医療亡ぶ」
調剤大手を肥え太らせた「薬価差益」
本誌医薬品流通研究会
かつては医師、医療機関が独占していた「薬価差益」。しかし、「医薬分業」の進展を経て薬価差益最大の受益者となったのが、今日の大手調剤薬局チェーンである。逼迫する社会保障財政の陰で拡大する様は〝医療費高騰の癌〟と言える。

調剤医療費5・6兆円を持て余す厚労省「薬系技官」
本誌特集班
薬系技官。厚労省内では薬のエキスパートとして、新薬の認証から薬価までを一手に引き受けるが、省内での立ち位置は万年「大三の職種」。本省に150人いる“薬剤師以上官僚未満”の薬系技官の実態とは。
e0275815_2117456.jpg
[PR]
by coldplay777 | 2012-12-07 21:19 | 投資メモ
社会保障給付費が100兆円突破=10年度、高齢化進展で-厚労省
厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は29日、2010年度に年金や医療、介護などで支払われた社会保障給付費が前年度比3.6%増の103兆4879億円と過去最高を記録し、初めて100兆円を突破したと発表した。高齢化の進展で、年金受給者数や医療費が伸びているのが要因。1人当たりの社会保障給付費も同3.6%増の80万8100円と過去最高となった。

調剤チェーンのシェアも増えてますけど、市場もどんどん拡大していますね。
[PR]
by coldplay777 | 2012-12-05 20:50 | 投資メモ
12月現在 日本株ポートフォリオ

【12月現在ポートフォリオ】

2146 UTHD←New!
2154 トラスト・テック
2796 ファーマライズ
3034 クオール
3170 アイセイ薬局
3235 トラストP
4271 日カーリット
6412 平和←New!
8011 三陽商会←New!

8424 芙蓉総合リースはそうそうに利食いました。
1568 TOPIXブル2倍上場投信を買戻し...と思いつつも買いそびれて残念。買っといたらなかなかおいしかったんですけれどもね。

そのかわりと言ってはなんですが、下方修正を出しつつも配当は下方修正をしなかった2146 UTHDを買いました。購入時は6%近い配当利回りで、さすがにこのまま放置されることはないでしょうと思っていたら、するすると上放れへ。5%の配当利回りまでは持ちたいなと思います。トラスト・テックも配当利回りが5%近くまで上昇したら放出予定です。どちらの株もそれよりは上がるでしょうけどよくばらないよくばらない(^-^)

もう一つのニューフェイスは6412 平和。パチスロやらないのであんまりなじみのない会社なのですが、ゴルフ場運営のPGMを持ち、アコ―ディアゴルフにTOBをかけ、世界最大級のゴルフ運営会社へ登り詰めようとしています。単なるパチスロ会社ではなくなるということで、万年割安PERも見直されるのではないかと思っております。

しかし、クオールが安いですね。少し追加購入いたしました。
もうすぐ東証2部上場から1年ですよ。クオールレポートの社長インタビュー読まれましたでしょうか?
近々に1部へ上場しますよという雰囲気がプンプンにおいます(笑)しかも、わざわざ20周年であることも。
記念配、東証1部へ移行、どちらかは今年度あるでしょうね。
売り方さんは大丈夫でしょうか?来季は薬価改定もなく期待できる年ですし、そろそろ買戻しされたほうがなんていらぬ心配をしてしまいます。
[PR]
by coldplay777 | 2012-12-03 21:42 | ポートフォリオ
中国アパレル業界に積み上がる在庫、中国人全体の3年分
中国全土に存在するすべてのアパレル工場の生産ラインが3年停止したら、どうなるだろう。着るものもなく、だらしないかっこうの中国人があふれる様子を思い浮かべたかもしれないが、実際はまったく心配ないほど、在庫が積み上がっている。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。(写真は「CNSPHOTO」提供)

■「中国経済」写真特集

 四半期報告によれば、中国のA株に上場する22社のアパレル企業の第3四半期の在庫が382億元(約5058億円)に達した。三槍集団常務副総経理の曹春祥氏は「アパレル企業の在庫は3年かかっても消化しきれない」と分析する。

 上半期の在庫だけで17億5300万元(約228億円)という「美邦服飾」では、第3四半期にさらに4億4600万元(約58億円)分の在庫が積み上がる見通しだ。「七匹狼」の在庫は2億4400万元(約32億円)増加、「探路者」は2億元(約26億円)近い在庫が増える。「森馬」も12年上半期の在庫は14億7000万元(約191億円)になるという。

 一方、データを直視すると、上半期の在庫回転日数が100日以上の上場アパレル企業は30社に及ぶ。うち、在庫回転日数が最長の上位3社の上場企業は、1万843日間の「ST雷伊B」、1557日間の「雅戈」、1199日間の「紅豆股分」だった。

 在庫問題の原因は輸出の不振だ。税関統計によれば、12年1月から8月にかけ、紡績アパレルの輸出不振はさらに深刻さを増している。

 しかし、上海晨錦コンサルティングの張経理は、「デパートの専門コーナーが中国のアパレルの伝統的な販路であり、デザインから販売までの周期が長い。ZARA、H&Mなどのファストファッションは、中国の伝統的なビジネスモデルに致命的な打撃を与えており、中国の現在のビジネスモデルが在庫超過という事実をもたらした」と分析した。
[PR]
by coldplay777 | 2012-12-02 12:11 | 投資メモ
  

Whether it's good or bad, experience is experience.(いい悪いはさておき、どんな経験も経験さ)
by coldplay777
プロフィールを見る
画像一覧
ブログジャンル
経営・ビジネス
金融・マネー
画像一覧