<   2012年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
日本調剤 平成25年3月期 第1四半期決算短信
日本調剤 平成25年3月期 第1四半期決算短信
http://www.c-direct.ne.jp/public/japanese/uj/pdf/10103341/20120731205444.pdf

三津原博社長が12年3月期に役員報酬として6億5100万円ももらっていることに「どうしたらこんな数字が出てくるんだろう」という某社幹部の声が載っていた記事があったが、今回の短信こそがまさに「どうしたらこんな数字が出てくるんだろう」です。

薬価ベースでは△6.0%の引き下げとなっても、営業利益279百万円(同84.1%減)になったのはどういった理由からなんだ。
安くなったところでMBOでもするんではなかろうか。
この人ならやりかねんなw
[PR]
by coldplay777 | 2012-07-31 20:18 | 薬局セクター
アインファーマ、大和証は新規「アウトパフォーム」・目標株価5300円に
アインファーマ、大和証は新規「アウトパフォーム」・目標株価5300円に
 大和証券は27日付で、アインファーマシーズ<9627.T>の投資判断(1が最上位)を新規に「2」(アウトパフォーム)とし、目標株価(6-12カ月)を5300円に設定した。潤沢な営業キャッシュフローと収益性の向上により、高い利益成長が続くとみている。
[PR]
by coldplay777 | 2012-07-31 19:56 | 薬局セクター
中小薬局争奪戦のウラ-好立地・後継難に狙い
日経流通新聞
「中小薬局争奪戦のウラ-好立地・後継難に狙い」

〇中小薬局を対象に大手チェーンの買収合戦が激化している。さらにそこに川下分野に収益源を探る医薬品卸が参入してきている。
〇全国54,000件とコンビニより多い調剤薬局。そのうち9割が中小・個人薬局。
〇地場の調剤薬局は経営者が62歳以上の中小薬局が半数を占め、後継者難が現実味を帯びている。
〇街中の調剤併設ドラックストアにも需要が流出している。
〇大手による寡占化が難しい調剤市場にあって、調剤チェーンや収益低下を調剤で補いたいドラッグチェーンが好立地の調剤薬局の買収に動いている。
〇中小薬局の売却機運は高まるばかり
〇7億枚の処方箋枚数は少なくとも今後10年は伸び続ける
[PR]
by coldplay777 | 2012-07-30 22:23 | 薬局セクター
総合メディカル 第1四半期
平成25年3月期 第1四半期決算短信
http://www.sogo-medical.co.jp/ir/pdf_exp/20120719_01.pdf

2013年3月期 第1四半期決算説明資料
http://www.sogo-medical.co.jp/ir/pdf_exp/20120719_01.pdf

RISFAX on the Web
総合メディカル・第1四半期 営業益3割減、薬価下げと人件費増
総合メディカルの13年3月期第1四半期の業績は、調剤薬局の新規出店による増収効果で売上高が前年同期比2.9%増の196億97百万円だった。第1四半期に9店舗出店して計374店舗に増加した。ただ、利益面は薬価引き下げや薬剤師の新卒採用の増加により、営業利益が33.5%減の6億95百万円と落ち込んだ。経常利益は32.4%減の7億12百万円、純利益は28.5%減の3億91百万円だった。

>薬局の売上高は8.7%増加で、レンタル部門の売り上げ
レンタル部門はいるんですかねw

人件費は大幅に増えてますが、まぁこれは先行投資ということで。
[PR]
by coldplay777 | 2012-07-24 22:24 | 薬局セクター
クオール・高田専務  小売業との提携を模索、秋ごろに
日刊薬業WEB

クオールの高田龍三専務取締役は18日、東京都内で開催されたユート・ブレーンセミナーで講演し、小売業との提携に向けて交渉を進めていることを明らかにした。クオールは、ローソンやビックカメラなど異業種と積極的に提携を進めてきたが、新たなアライアンスを模索しているという。高田氏は「秋ごろに皆様をびっくりさせたいと思っているので、どことは言えないが、小売業と提携する。例えば1日何十万人という規模の人が通過するようなところでやる」と話した。
[PR]
by coldplay777 | 2012-07-22 19:24 | クオール
アインファーマシーズ・クオール 第1四半期の月次売上を確認
クオールマンスリーレポート
http://www.qol-net.co.jp/ir/news/information/pdf/421_ir_file.pdf

アインファーマシーズ
http://www.ainj.co.jp/ainpharmaciez/ir/stockholder/ain_monthly201206.pdf

やはり薬価改定の影響は大きいようですね。
アインなんぞは、5月分を除いてはトントンという感じ。
アインに比べればクオールは健闘しています。

4~6月の月次を見ると、今期は会社予想より数値がアウトパフォームするサプライズは望めないかもしれませんね。
[PR]
by coldplay777 | 2012-07-22 04:23 | 薬局セクター
2796 ファーマライズを買い増し
だいぶ安くなってきたので今週は2796 ファーマライズを買い増し。
同規模のアイセイ薬局の予想PER、配当利回りからするとファーマライズも今の株価で落ち着くのではなかろうか(ややあちらのほうが予想はよいが)。
ただし、これ以上は買い増しせず、他セクターを物色したい。
[PR]
by coldplay777 | 2012-07-21 06:35 | 主な売買
スギHD・荒井執行役員  後発品使用割合「30%が見えてきた」
 スギホールディングスの荒井恵二執行役員医療戦略担当は11日、都内で開催した決算説明会で後発医薬品の取り組み状況に触れ、同社の後発品使用割合(数量ベース)について「30%が見えてきた」と語った。その上で、今期(2013年2月期)の期末にはこの割合が30~35%まで高まるとの見通しを示した。
 同社の後発品の使用割合は数量ベースで現在28.2%。3月までは26~27%程度だったが、着実に高まっている。金額ベースの割合も現在9.1%まで高まった。昨年は7~8%だった。
 また同氏は今年4月の調剤報酬改定・薬価改定の影響に関しても言及。4~5月の処方箋単価は3月に比べ落ちているものの、技術料の部分はプラスマイナスゼロでほとんど変わっていないことから、今回の調剤報酬改定には「良い方向で対応できた」との見方を示す。一方、薬剤料の部分は薬価改定の影響で落ちており、「薬剤料は200~300円落ちている」とみる。
[PR]
by coldplay777 | 2012-07-15 20:37 | 投資メモ
ファーマライズ 平成24年5月期 決算短信
ファーマライズホールディングス
平成24年5月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
http://contents.xj-storage.jp/contents/27960/T/PDF-GENERAL/140120120706072675.pdf

「中期経営計画12-14 ~質と量のバランス良い両立を目指して」の策定について
http://contents.xj-storage.jp/contents/27960/T/PDF-GENERAL/140120120707072877.pdf

25年5月期の連結業績予想
1株当たり当期純利益9,773→決算?

24年5月期の連結業績予想
1株当たり当期純利益27,725→決算9,143(※3分割)

23年5月期の連結業績予想
1株当たり当期純利益16,822→決算26,633

22年5月期の連結業績予想
1株当たり当期純利益29,008→決算12,937(※3分割)

21年5月期の連結業績予想
1株当たり当期純利益22,006→決算30,919

薬価の改定があった年は、予想が保守的になるようです。
今回の予想もかなり保守的ですね。
薬価差益分の減額を差し引いても、アインやクオールの月次売上は、好調。
今期予想をアウトパフォームしていただきたい(願望)

中期経営計画では、2015 年5 月期:連結ベースで売上400億以上 経常利益22億円以上を目指しているようです。1株あたり15,000円というところですかね(この間に増資は一発くらいあると踏んでいる)。

年間10 店舗程度の新規出店とM&Aにより調剤薬局事業の規模拡大を推進する、とのことですから当然今期もM&Aはあります。では、それが来期予想に含まれているかというと、含まれていないわけです。薬局の売り上げは1店舗あたり1億円強なので、10店舗×1億強+既存店増収3~4%=売上20億ということではないでしょうか。

また、薬局セクター全体のPERの水準訂正も期待。
ファーマライズは、PER6倍台。これが8倍台となれば、3年後は12,000円となる。
アイン、クオールレベルのPERの水準訂正になればこれはもう言うことはないです。
[PR]
by coldplay777 | 2012-07-14 20:20 | ファーマライズ
さらにポジションを圧縮
今週金曜日に日経平均株価が7日ぶりに反発。
しかし、小幅反発で戻りは限定的。
上昇相場へ移行したのではなく、7月までの上昇は単なる反発であったようです。

また、東京株式市場第一部の一日当たり売買代金は1兆円を割り、昨年12月以来7か月ぶりの低水準。
年末で商いが細る12月を除くと、2003年以来の低水準となっている。
さらに、国内証券会社が絡む不祥事が相次ぎ、証券会社や運用会社の間で自粛ムードが広がっている。

となると、ここからは下げると思いさらにポジションを圧縮。

【売り】

3313 ブックオフ
5331 ノリタケ
3893 日本紙
8877 エスリード
5020 JX
7722 国際計測
1334 マルハニチロHD
1699 野村原油

【買い】
2796 ファーマライズ(追加購入)
[PR]
by coldplay777 | 2012-07-14 19:14 | 主な売買
  

Whether it's good or bad, experience is experience.(いい悪いはさておき、どんな経験も経験さ)
by coldplay777
プロフィールを見る
画像一覧
ブログジャンル
経営・ビジネス
金融・マネー
画像一覧