カテゴリ:G-7( 23 )
G-7HLD(7508) 半期ベースでは 3 年ぶりに過去最高業績を更新
FISCOレポートが出ています。
http://www.fisco.co.jp/uploads/g-7holddings20151222.pdf

気になった部分を引用します。

11月4日付で発表された2016年3月期第2四半期累計(2015年4月−9月)の連結業績は売上高が前年同期比 16.6% 増の 49,066 百万円、 経常利益が同 50.4% 増の 1,211 百万円となり、 半期ベースでは 3 年ぶりに過去最高業績を更新した。

2016 年 3 月期第 2 四半期累計の事業別売上高構成比を見ると、 オートバックス ・ 車関連事業で 32.4%、 業務スーパー ・ こだわり食。品事業で 62.4% となり、 両事業で全体の 90% 以上を占めている。

(株)テラバヤシの業績は、 2014 年 3 月期で売上高 8,627 百万円、 営業利益 149 百万円となっており、 初年度から連結業績への貢献が見込まれている。

主力の業務スーパーは引き続き食材コストの上昇に悩む飲食事業者や一般消費者の支持(を集め、既存店ベースで増収となったほか、新規出店効果 (前期末比 4 店舗増の 115 店舗もあり、 売上高は前年同期比 8.2% 増、 営業利益は同 63.0% 増となった。 粗利益率が 1.0 ポイント改善したほか、 赤字店舗が黒字化してきたことが大幅増益につながった。

2016 年 3 月期の連結業績は、 売上高が前期比 13.3% 増の 100,000 百万円、 営業利益が同 60.4% 増の 3,700 百万円、 経常利益が同 59.2% 増の 4,000 百万円、 親会社株主に帰属する当期純利益が同 65.0% 増の 2,100 百万円と期初計画を据え置いた。 第 2 四半期までの進捗率を見ると、 売上高は 49.1% とほぼ予定通りに推移した一方で、 営業利益は 33.6% と過去5 年間の平均である 38.2% を下回る格好となった。 オートバックス ・ 車関連事業の利益がやや想定を下回ったのが要因だが、 第 3 四半期以降の新規出店や G-7 モールフェスティバル等のイベント開催による集客施策等によって挽回していく方針だ。

ポイントしては、
①6割が業務スーパー関連部門で売上を占めており、オートバックス部門の利益のブレは影響が小さくなってきている。
②テラバヤシの営業利益が1.2億円程度上乗せされる見込みである。
③めぐみの郷を含め、昨年度までの赤字店舗が黒字化してきている。
④営業利益については、未達懸念もあるが、経常利益、税引き後利益で調整してくる可能性もあり、1株当たり利益は170円台に乗せてくる可能性がある。
⑤来期以降128店舗展開している業務スーパー内、出店していないところへ順次テラバヤシが業務スーパー内に出店していく見込みである(1店舗あたり売上平均8千万円)。
[PR]
by coldplay777 | 2015-12-27 00:37 | G-7
G-7ホールディングス (7508)2016年3月期1Q メモ
【会社概要】
2006年にホールディングスに移行し、カー用品販売のG-7オートサービス、食品販売のG-7スーパーマートなどがある。車と食品の複合施設G-7モールを積極的に開発。マレーシア、インドネシア、ミャンマーなどアジア開拓に意欲的で、ベトナムに農園を持ち、今期中に台湾に進出予定。今期創立40周年。

【めぐみの郷】 
地元農家に出店してもらい手数料をもらっている。出店し始めて5年目ではじめて黒字に転換した。今年度は売上の計上方法を変更予定。大阪・兵庫県で出店を加速させるのと同時に、全国でパートナーショップを募集したい。

【G-7モール・オートサービス事業】
現在G-7モールは17拠点あり2000坪から1万坪でモール戦略を進めている。京都府の綾部に続いて、9月11日に千葉の野田にG-7オートモールを出店予定。エクスプレスを今後主力で出店。

タンクの交換費用が3千万円~6千万円になるので、廃業するところが続出。ガソリン系列店ではメーカーが買い取るか、それともつぶすかの判断になっているようだ。

【海外事業】
マレーシアのオートバックス、バイクワールド事業は好調。マレーシアで3店舗目のオートバックスを準備中。

ミャンマーで育てているいちご。はじめは2千株からはじめたいちごも、現在は2万2千株を栽培。土地がやせていて、土壌改良からはじめたがようやくいい土になってきた。現在は一部を販売し、高い値段で販売できている。日本クオリティーで人気がある。現地では530円くらいで売っている(現地でのコーヒーは一杯30円)。ベトナムでの菊は今後200万本まで増やしたい。

インドネシアのらーめん神戸。びっくりするくらいの売上が出ている。はっきりいって社員の数が足らない。海外の事業責任者が、厨房で唐揚げを揚げてるくらい。イオンモールBSDはすごい集客力をもっている。逆にマレーシアのらーめん神戸は苦戦している。串カツだるまとの業務提携を発表したが、台北で出店を予定。今年中に間に合うかは微妙だが準備中。
[PR]
by coldplay777 | 2015-08-12 18:42 | G-7
G─7ホールディングス<7508.T> 創業者一族の株式を自社株買い
自己保有株を除く発行済み株式総数の0.65%に当たる8万株、取得総額1億5056万円を上限とする自社株買いを実施へ。8月11日午前8時45分の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買い付けの 委託を行う。買い付け価格は8月10日終値の1882円。

なお、木下智雄氏が議決権の過半数を所有しているキノシタファミリーサービスが売り手となる。

好調だと思っていたG-7ホールディングス。
創業家が売りにまわるとは、あやしいフラグが立ってしまいました。

用心して今後の決算を見守りたいと思います。
[PR]
by coldplay777 | 2015-08-10 18:41 | G-7
G-7ホールディングス (7508)焼きたてチーズタルトBAKEを関西で出店
札幌の老舗洋菓子店「きのとや」の大人気商品「焼きたてチーズタルト」専門店「BAKE」が関西に初出店する。運営はG-7ホールディング。関西初出店の場所は阪神百貨店の阪神梅田本店地下1階で8月28日オープンを予定。カリッとしたクッキー、トロッとしたチーズムースが好評で自由が丘・新宿店等でも既に人気になっている。

THE BAKE MAGAZINE
http://www.bake-jp.com/magazine/?p=1018
[PR]
by coldplay777 | 2015-08-07 20:26 | G-7
G-7ホールディングス (7508)2016年3月期1Q発表
さて、注目のG-7ホールディングスの1Qが発表されました。
結論から言うと良くもなく悪くもなくの普通の決算でした。

16年3月期第1四半期
売上高 (百万円)23,333(前年比+15.1 %)
営業利益(百万円) 610 (前年比+184.3 %)
経常利益(百万円) 655 (前年比+162.8 %)
当期利益(百万円) 603 (前年比+412.7 %)

前年比ではものすごい勢いの増益率に見えますが、昨年度が悪すぎたというところでしょうか。
それは、株探ニュースからも読み取れます。

GセブンHD <7508> が8月3日大引け後(15:00)に決算を発表。16年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.6倍の6.5億円に急拡大したが、通期計画の40億円に対する進捗率は16.4%となり、5年平均の18.8%とほぼ同水準だった。

つまり営業利益に対しての進捗率は16.4%であると。5年平均より下回っていると。

大体この会社の1・2Q合わせた進捗率は35%程度ですから、1Qだけの数値では通期見通しを達成できるかは不明です。
また、オートバックス部門が3Qの積雪状況にも大きく影響されますから、まだまだ予断を許しません。

ということで、PTSで1800円台を本日600株購入して様子見です。
追加購入するかは明日以降の株価次第ですね。
[PR]
by coldplay777 | 2015-08-03 21:21 | G-7
G-7ホールディングス (7508)を売却
目標株価達成のため、取得単価776円のNISA恩株を残して、この3日間で約1万株のG-7ホールディングスを売り切りました。再参戦は、1600円台で行いたいと思います。
また、平和も目標株価の2600円を超えたため売却。
ごちそうさまでした。

次は、9月のパーフェクトストームに備えて、キャッシュを待機。
3817 SRAHD
3800 ユニリタ
3771 システムリサーチ
7605 フジコーポ
ここらへんの下げを待ちながら、FRBの利上げ待ちです。
[PR]
by coldplay777 | 2015-07-23 21:16 | G-7
GセブンHD Research Memo(5):東南アジアの経済成長を取り込むために複数の国で事業を立ち上げる
G-7ホールディングス<7508>は国内におけるオートバックス、業務スーパーのフランチャイジーとして多店舗展開を進めることで成長を続けてきたが、長期的に持続的な成長拡大を続けるためには新たな収益柱を創出することが重要と考えており、その1つとして海外事業に注力し始めている。

前述したように、オートバックス・車関連事業やアグリ事業、食品の輸出入及び飲食店事業などを、複数の国で同時並行的に立ち上げ始めている。今後もインドネシア、台湾、フィリピン、ラオス、カンボジアなどへ進出する予定であり、東南アジアの経済成長を取り込んでいく戦略だ。経営目標値としては、5年後の2020年3月期に売上高で10,000百万円を掲げている。今後、年間400~500百万円ペースでの投資が続くため、利益面での貢献はさらにその先となるが、長期的にみれば同社の業績拡大をけん引する事業の一つに成長するものとして注目されよう。

オートバックス・車関連事業では、マレーシアに続いてベトナムに進出する予定で、多店舗展開を進めていく方針。また、その他の国においても自動車・バイクの市場拡大が見込める国への進出を視野に入れている。

アグリ事業では、ミャンマーのイチゴ栽培で課題となっていた輸送手段の確立が見込まれている。2016年3月期は冷蔵トラックを2~3台導入して、農園からの輸送可能時間の延長を図ることで、市街地のCityMart系列の店舗への出荷を開始したい考えだ。また、ベトナムでは菊の栽培を行っているが、2016年上期中に現地のフルーツ生産会社と提携し、ドラゴンフルーツ※1の栽培を開始する。収穫したフルーツは「めぐみの郷」店舗で販売していく予定だ。
※1南国の果物「ピタヤ」の別称。表面にサボテン科果実特有の葉のような緑色の突起物がある。果皮は光沢のある鮮やかな赤色が代表的であるが、その表面が竜のウロコのように見えるため「ドラゴンフルーツ」とも呼ばれている。

飲食店事業では、マレーシアのラーメン店、ベトナムのカレー店に続いて、2016年3月期はインドネシアにラーメン店を1店舗出店する計画となっている。インドネシアにおいてもハラル※2対応はせず、ターゲットとする顧客層は中華系及び日系人となる。今後も需要が見込めそうな業態についてはライセンス契約を結んで、アジアへ出店していくことも視野に入れている。
※2ハラル(HALAL)とは、イスラムの教え(シャリーア法とイスラム原理)で許された、「健全な商品や活動」のことの全般。イスラム教徒は、ハラル品であると正式に認められるもの以外の食べ物、 飲み物などは避けなければならない。ハラルとは安全な生活を示すためのガイドラインであり、イスラム教徒にとってはなくてはならない規準であり、化粧品や医薬品、介護用品、金融など様々なサービスにも適用される。

なお、飲食店事業に関しては、直営店を各国1~2店舗出店し、その後の店舗展開は現地企業とFC契約を結び拡大していく方針となっている。

また、食品の輸出事業に関しては、既に釜めしや肉類などをシンガポール、香港などへ少規模だが輸出している。2016年3月期以降はコスト競争力のあるPB商品の開発に注力していくほか、農水畜産物の輸出も強化していく。農水畜産物に関しては仕入れ先の開拓を独自で進めていくほか、販路に関しても取引先ルートの拡大に注力していく1年として、2016年3月期を位置付けている。

その他、M&A戦略に関しては従来どおり、シナジー効果が見込める案件については、すべての事業において前向きに検討していく方針に変わりない。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)
[PR]
by coldplay777 | 2015-06-25 21:35 | G-7
GセブンHD Research Memo(4):オートバックス関連の4月売上は好調、16/3期は大幅な増収増益を見込む
2016年3月期業績見通し

G-7ホールディングス<7508>の2016年3月期の連結業績は、売上高が前期比13.3%増の100,000百万円、営業利益が同60.4%増の3,700百万円、経常利益が同59.2%増の4,000百万円、当期純利益が同65.0%増の2,100百万円を見込む。同数値は中期経営計画として同社が掲げた数値と同水準となっている。計画達成のカギを握るのは主力事業であるオートバックス、業務スーパー事業となる。事業別の見通しは以下のとおり。

○オートバックス・車関連事業
2016年3月期のオートバックス・車関連事業の売上高は、前期比17.8%増の39,000百万円と2ケタ増収を計画している。オートバックス関連の新規出店数を15拠点程度と前期の3拠点から大幅に増加するのが主因となっている。オートバックスのほか、ガソリンスタンドのオートバックス・エクスプレス、鈑金・塗装のBPセンターなどの拠点を拡大していく。現状はエクスプレスの3拠点が確定しており、残り12拠点についてはM&Aも含めて今後、探索していく計画となっている。

利益面では新規出店に伴う経費増があるものの、既存店舗の収益力強化によって増益を見込んでいる。「経費削減、一人当たり生産性向上、適正在庫」の実践を継続していくほか、感謝祭やG-7モールフェスティバル等のイベント開催を積極的に行っていくことで、売上を拡大していく。また、販売価格の維持にも引き続き取り組んでいくほか、高付加価値サービス(鈑金・塗装、車検サービスなど)の売上構成比を現状の20%から引き上げていくことで、収益性の向上を進めていく。4月の滑り出しに関しては消費マインドの改善もあり、売上高が2年前の水準を上回るなど好調に推移した模様だ。

なお、海外では第4四半期(2016年1月-3月期)にマレーシアでオートバックス、バイクセブンを各1拠点ずつ出店する予定。ベトナムでも良い立地場所が確保できれば進出していきたい考えで、2016年以降多店舗展開を進めていく予定だ。

○業務スーパー・こだわり食品事業
業務スーパー・こだわり食品事業の売上高は前期比10.6%増の58,000百万円を見込む。このうち、主力の業務スーパー事業の売上高は、同12.3%増の53,000百万円となる見通しだ。。新規出店数ペースを前期の6店舗から10店舗に加速していくほか、既存店売上高も前期比2%増と堅調推移を前提としている。

一方、2016年3月期より食品事業と国内飲食店事業を統合したG7ジャパンフードサービスの売上高は5,000百万円を見込んでいる。引き続きこだわり食品の取引先拡大や新商材発掘による収益拡大を見込んでいる。また、農・水・畜産物のアジアへの輸出にも今後取り組んでいく方針であり、2016年3月期は取引先ルートの開拓に注力する1年と位置付けている。

○その他事業
その他事業に関しては、増収増益を見込んでいる。「めぐみの郷」事業に関しては、関西で数店舗出店するほか、全国ではパートナーショップ契約による多店舗化を進めていく方針。FC契約ではなく、契約時の加盟金のみの収入となるため、直接的な業績へのインパクトは軽微となる。ただ、調達ネットワークを全国に拡大することで、天候不順の際などに懸念される「めぐみの郷」店舗における商品の欠品リスクが軽減できるものとみている。

第1弾のライセンス契約先として、2015年2月に宮城県の(株)ふるさとファームと契約を締結している。今後、宮城県内に「めぐみの郷」店舗をオープンする予定のほか、東北エリアから新鮮・安全な青果物を関西エリアの「めぐみの郷」店舗に供給することも視野に入れている。また、関東エリアにおいても、パートナーショップ契約の交渉が複数の企業と進んでおり、パートナーショップ契約先が増加していくものと予想される。

また、海外事業(飲食店、食品の輸出入、アグリ事業など)に関しては売上高で15~20%程度の伸びを見込んでいるものの、新規出店など先行投資負担の増加により営業赤字が継続するものと見込んでいる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)
[PR]
by coldplay777 | 2015-06-24 07:49 | G-7
G-7ホールディングス (7508)オートバックス京都綾部をオープン
東証一部上場の株式会社G-7ホールディングス(代表取締役会長:木下守、証券コード7508)の子会社である株式会社G-7・オート・サービス(代表取締役:金田達三 兵庫県神戸市須磨区、以下G-7・オート・サービス)は、2015年6月25日(木)に「オートバックス京都綾部」ならびに「オートバックスエクスプレス京都綾部」を新規オープンします。

G-7・オート・サービスは、株式会社オートバックスセブン(代表取締役 社長執行役員:湧田節夫)が展開するオートバックス加盟店の最大手で、このたびのオープンにより、G-7グループの京都府におけるオートバックス関連店舗は4店舗となります。

両店舗は、京都府の北部に位置する綾部市に出店します。前面道路は、JR山陰本線と並行する府道8号線で、綾部市と福知山市を結ぶ主要地方道です。沿線には、警察署や市役所などの公共施設があり、近隣のお客様をはじめ、多くのお客様にご来店いただけるものと考えています。

「オートバックス京都綾部」は、さまざまなカー用品を取りそろえているほか、タイヤを中心としたメンテナンス商品や、車検、車の買取と販売に力を入れています。お客様に気軽にご来店いただける地域密着型の町医者的な存在として、安心してクルマのメンテナンスをお任せいただける店舗を目指します。

「オートバックスエクスプレス京都綾部」は、ガソリンや軽油、灯油を販売するほか、洗車にも力を入れています。また、隣接するオートバックス店舗へお客様を誘導することで、給油に来られたお客様に対してもカー用品の販売および各種取付サービスのご提案ができるものと考えています。

6月25日(木)から6月28日(日)までの4日間、オープンセールを開催し、各種商品を大特価にて販売いたします。オープンセール中「オートバックス京都綾部」では、毎日先着50名のお客様への来店プレゼントを行うほか、2千円以上お買い上げで参加いただけるジャンボガラガラ抽選会を行います。また、「オートバックスエクスプレス京都綾部」では、20L以上給油された先着50名のお客様にBOXティッシュのプレゼントや、オートバックスポイントアップカード会員様にはガソリン・軽油を特別価格でご提供するなど、お得なイベントを予定しています。


人口は3万人と商圏としては小ぶりですが、ライバルはミスタータイヤマンくらい。
エクスプレスとの併用で売上を伸ばしてほしいものですね。
[PR]
by coldplay777 | 2015-06-23 20:27 | G-7
G-7ホールディングス (7508)7月以降3店舖をオープン
G-7ホールディングス<7508>は、業務スーパー恵庭店、業務スーパー刈谷店、めぐみの郷 イオン高槻店の3店舗を7月以降にオープンさせる。

2016年3月期は、売上高が前期比13.3%増の100,000百万円、経常利益が同59.2%増の4,000百万円を目指していく。オートバックス・車関連で15拠点、業務スーパーで10店舗程度の新規出店を予定しているほか、「経費削減、一人当たり生産性向上、適正在庫」の実践で既存店舗の収益力強化を進めていく。
[PR]
by coldplay777 | 2015-06-21 21:23 | G-7
  

Whether it's good or bad, experience is experience.(いい悪いはさておき、どんな経験も経験さ)
by coldplay777
プロフィールを見る
画像一覧
ブログジャンル
経営・ビジネス
金融・マネー
画像一覧