外国証券(6社)注文動向 3月11日~15日までの状況 8390万株の買い越し
先週は1兆円の買いが入るなど、アベノミクスが外国人にも信奉されてきてますね。
今週はなんと8390万株の買い越し。
明日も買い越しでしたら1兆株に達することになります。

明日15日はFTSEのリバランスが行われ、3500億円程度の買い需要が発生するとみられているため、さらに動意づきそうですね。

外国証券(6社)注文動向
日付    売り  買い   差引 (万株)
14(木)   2110  4070   1960
13(水)   1850  3500   1650
12(火)   1610  3240   1630
11(月)   1440  4590   3150

08(金)   1500  3230   1730
07(木)   1590  3150   1560
06(水)   1580  1920   340
05(火)   1970  1670  ▲300
04(月)   2940  2920  ▲20

01(金)   1460  1580   120
28(木)   1770  1580  ▲190
27(水)   1570  1770   200
26(火)   1210  1400   190
25(月)   1620  1930   310

22(金)   2180  1850  ▲330
21(木)   2040  1810  ▲230
20(水)   1360  2130   770
19(火)   1550  2990   1440
18(月)   1170  1910   740


3月14日(ブルームバーグ):日経平均株価がリーマン・ショック直前の水準を約4年半ぶりに回復した3月第1週(4-8日)の日本株市場で、海外投資家の買越額が初めて1兆円の大台に乗せ、週間の買い越し規模としては過去最大に膨らんだ。

東京証券取引所が14日に発表した第1週の投資部門別売買動向によると、東京、大阪、名古屋3市場の1・2部合計で、海外投資家 は差し引き1兆173億円を買い越し、これまで最高だった2004年3月1週の9678億円を上回った。17週連続の買い越しで、金額は前の週(2958億円)の3.4倍に拡大。3市場データは1982年7月から公表されている。

BNPパリバ証券の丸山俊日本株チーフストラテジストは、米国景気の改善が海外勢のリスク許容度を高める中、「安倍政権のリフレ政策を期待した買いが引き続き入った」と指摘。円安ペースに比べ株価の上昇ペースがこの1カ月は速く、「為替と株価の非連動(デカップリング)が目立ち始め、ドルベースの日本株上昇で、中長期投資家がベンチマークに負けないよう買ってきている」とも話していた。

市場全体の売買代金シェアで約6割を占める海外勢の強い買いが主導する形で、この週の日経平均株価 は前の週末に比べ5.8%高の1万2283円62銭となり、米証券リーマン・ブラザーズが経営破綻する直前の08年9月12日の終値(1万2214円)を上回った。週間ベースの上昇率は、11年11月最終週(5.9%高)以来の大きさ。

一方、国内の投資家は全て売り越した。売買シェアで32%と2位の個人投資家 は3週連続の売り越しで、売越額は2783億円と11年2月3週以来の水準に拡大。このほかの投資部門の売越額は、証券自己(2997億円)、年金基金などの動向を反映する信託銀行 (2000億円)、事業法人(708億円)。投資信託(285億円)、生保・損保(350億円)、都銀・地銀等(420億円)、その他金融機関(342億円)、その他法人等(72億円)などだった。
[PR]
by coldplay777 | 2013-03-14 21:47 | 投資メモ

Whether it's good or bad, experience is experience.(いい悪いはさておき、どんな経験も経験さ)
by coldplay777
プロフィールを見る
画像一覧
ブログジャンル
経営・ビジネス
金融・マネー
画像一覧